LAB-20

心と魂とカラダが一体になる感覚

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!みさきじゅり です。

 

 

ふっ、とわかった体感があって、

思わず書きたくなってしまいました。

 

 

HSPあるある、というほどでもないんですが

HSPの中には、自分の顔が自分のものではない感覚の人がいます。

 

 

私も、です。

 

 

なぜこの造りなんだろう
なぜ自分の顔だと思えないんだろう
どんな顔なら自分だと思えるかもわからない

 

 

こんな感覚を小さい頃から持っていました。

かといって整形しまくるほど、顔にこだわりがあるわけでもないです。

ただ、毎朝鏡に向かうたび、顔と心の間に、少し距離を感じて生きてきました。

メイクの学校にも通って、好きなようにメイクができるようになってからは、

あまり気にしてなかったんです。

 

 

ところが、先ほど、「あ、そうか・・・」と突然気づいた。

 

 

グラウンディングしてなかったから、顔に違和感があったんだ、と。

 

 

グラウンディングって、地に足がついた状態のこと。

一時スピにどっぷりはまってた時代に、スピ先輩から教わりました。

 

 

「ジュリちゃんは、グラウンディングできないのよね~~~」

「あっちの世界(どこだ?)に、帰りたいのよね~~~」

なーんて言われてました。

 

 

当時は、「グラウンディングできると”良い”」と信じ込んでおり

何度練習してもできない私は、ダメなヤツなんだ・・・と落ち込んでいた時期があったほど。

 

 

ですが、さっきわかったのは、

グラウンディングって、練習するものじゃないんですね。

 

 

安心して、緩んだら、自然に、そうなるんですね・・・。

 

 

11月頭に、Awareness Anatomyの体験をしてから、

4か月たちました。

 

 

その間わたしが習慣化したのは、

体験で教わった座骨のセンタリングだけ。

あとは興味がわいた時に、

優子さんがツイートしてる動画で面白そうなのをやってるだけです。

 

 

自分の真ん中を都度確認してるだけなんですが

ズレてるのをこまめに直すようにしたら、

姿勢、力み、ぜい肉(笑)

・・・いろんなことが「わかる」ようになってきました。

 

 

で、さっきいきなり始まった脳内会話・・・

 

「ああ、顔に違和感があったり

魂がはみ出てたのは

グラウンディングできてなかった、

つまり緩んでなかったからだ」

 

「あれ??なんで緩んでなかったっけ??」

 

「ああああ、そっか、

超ビビりですぐセンサーの針が振り切れちゃうから、

緩みモードからすぐ緊張モードに入っちゃうからか」

 

「超ビビり、って・・・あ~~~HSPか笑」

※あっちの世界に戻りたいから、ではなかったようでした!

 

 

脳内会話が終わったら、もう一段階、心が緩んだ気がします。

自分の顔への違和感も、気づけばあまり感じなくなっていました。

メイクは大好きだけどね

 

 

センサーが振り切って、カラダから抜けそうな感じが続いてた「魂」

ダメ出しして自分に傷つけられ続けた「心」

頭が混乱して使い方がわからずにいた「カラダ」

三位一体のごとく(!!)いま、ワタシは、「ひとつ」にまとまった自分が楽しいです。

 

 

 

 

以上でーす!!

 

 

みさきじゅり

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© LAB-20 , 2020 All Rights Reserved.