LAB-20

「からだのこえをききなさい」【自分版】

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんばんは。みさきじゅりです。

 

 

15年くらい前、リズ・ブルボー先生の

「からだのこえをききなさい」

愛読していました。

 

 

胃が痛いときは自分を責めてる など

体の症状に応じて、カラダからのメッセージがあるよ~

こういう時はこういうメッセージだよ~

というスピ系の本で、

私は辞書替わりにしょっちゅう眺めていました。

 

 

本はすばらしいものでした。

 

 

ただ、私の使い方は、

依存的 だったのです。

 

 

自分で感じることを放棄し

症状を感じ不安にかられるたび

本を開いては「答え」を探していました。

 

 

本に書いていない症状が出た時は

類似した症状のページを参照したり、

それは、もう

必死!

でしたよ。

 

 

 

 

 

 

あんなに必死に答えを探したのに

私の症状はやわらぐことは、

ありませんでした。

 

 

 

それは

自分の感覚を信じていなかったから

だと今日はっきりわかりました。

 

 

 

わかったきっかけは

平山昌弘さん(こつばん先生)・

原田優子さん(こつばんママ)のところで

Awareness Anatomy® セッションを体験したから

です。

 

http://awareness-anatomy.com/

 

 

 

「自分の感覚を信じる」

「自分の感覚は正解でも間違いでもない」

「私が感じたことは私にとって事実」

 

↑Awareness Anatomyを受けていた間

ずっと言われてたこと。

 

そして、優子さんとの打ち合わせ

(という名のHSPあるある大会w)

でもお互い話していること。

 

これって・・・

=HSPを活かす・生きやすさの原則と全く同じ・・・

わかってたけど、

もっと深いところから気がついた!

 

 

ハッ!としたから

勢いでこの記事を書いてます。

 

 

 

たぶん、私のHSPらしさは

今後もっとラクに、おおらかに

羽を伸ばしていくと確信も持てました。

 

 

 

私が変化する様子を、ここでもシェアしていきますね!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© LAB-20 , 2020 All Rights Reserved.