LAB-20

HSS型HSPがアクセルとブレーキを使いこなす感覚

 
この記事を書いている人 - WRITER -

みさきじゅり です。

 

2/9あたりからカラダがだるく、

満月のせいにしてましたが(笑)

ちょっと違うなあ、と自分の内側を探り続けていたら、

「ああ、これが、優子さんがいってる

”自律神経の乱れ”ってやつね」と思えたので

備忘録を。

 

 

背景として・・・

 

 

私は去年の11月、今年の1月に、スタジオピボットさんで

「センタリング」のやり方を教わっています。

1月後半には、「Awareness Anatomy®」の体験セッションも

受けました。

優子さんや平山さんから合計3回、

カラダへ意識を向けるナビゲーションを受けています。

 

 

この記事でも書いた通り・・・

カラダの感覚に多くのヒントがあるのは知っていました。

 

「からだのこえをききなさい」【自分版】

 

 

カラダの感覚を、HSPとかHSSのこととあわせて、

  • どうとらえたらいいのか
  • どう使って行ったらいいのか
  • 使ったらどうなるのか
    (HSPセミナーで例に使えそうな質問ばかりだ笑)

も意識して、とりあえず日々を「感じて」過ごしています。

 

 

で、昨日、諸業界の専門家の方々に向けた

HSPセミナー入門編を開催したんですね。

 

 

で。

 

 

自律神経のメカニズムを

優子さんが話してくれたんです。

 

 

なんとなくピンときた話が、

「うつになる人は、がんばりすぎて、交感神経を振り切ってしまう」

という説明。

 

 

うつ状態になりやすかった過去の私への福音でした、まさに!

 

 

いつのまにか頑張りすぎてしまうHSP。

自覚ないまま、交感神経の針が、メーターいっぱい振り切ってしまう。

 

 

振り切ってしまった分、お休みモードに入って充電してから、

交感神経のスイッチが入る。

 

 

ということは

グッタリするまでの段階で、確実に、

頑張りすぎてるハズ、なんだな!とわかったんです。

 

 

話を戻すと、この何日かやる気が出なかったのは、

満月の影響も多少はあるかもしれないけど、

ここ2週間ほど、結果がすぐにでないとわかっていながらも

必死に力を振り絞ってたことが2つ、あるからだ。

そうはっきりと自覚できました。

 

 

セッションやセミナーに来てくださった方はわかると思いますが、

私や優子さんの話をきいて、気づいたり自覚するコト、ありますよね。

カラダに意識を向けると、自分で自分の状態に気づけるようになるんですよね。

私自身もう何年も、自分で気づくように内観はしてきているけど、

最近カラダへの意識の向け方が、

いっそう深いレベルになってきていて、

気づきが増え、深まってきてます。

 

 

いまエンジンがかからないのは、

過去2週間アクセルを踏み切ったからだ。

ベストを尽くしたからだ。

残念ながら結果は出なかったけれど、

考えうること・その時できることは全部、やった。

やりきった。

 

 

交感神経のメーターが、振り切ったんだな!

自分の状態にナットクできたら、

あ、もう、休もー。

とナチュラルな感じにモード切替している自分がいました。

ブレーキモードに入る自分を、そのまま受け止めている私がいます。

頑張りすぎてる時は、ブレーキモードに入るなんて、

絶対ゆるせなかったのに(笑)!

 

 

・・・という体感を、忘れないように

ザザっとこの記事に書いてみたところです!

 

 

今後もっとしなやかに、

アクセルとブレーキを使えそうな予感に

脳内お花畑なHSS型HSPのひとりごとでした♡

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© LAB-20 , 2020 All Rights Reserved.